北光ランプ 電球テスター付ホーロー看板画像

北光ランプ 電球テスター付ホーロー看板

商品説明
電球のテスター(ソケット)付の琺瑯看板です。
コードとソケットはそれほど古くないものです。
親切にも看板にコードを通す穴があります。

秋田の北光電球株式会社の看板です。
宣伝などで北光ランプという呼称の方が有名なようです。

1956年に東芝の秋田工場として発足。
1961年 GHQにより東芝から分離。
1972年 電球製造の中止
その為に1956~1971年のものだと思われます。
また東芝の傘下だった為にマツダランプと同じマークだったのかと推察されます。

size: 45.3 × 10.3 cm, ソケットを含めた厚み 5.5 cm,  コードの長さ 133 cm
         17.8 × 4.05 inch, include socket thickness is 2.16 inch,  code length is 52.27 inch.

60's enamel sign board.
北光 "HOKKOU", ランプ"lamp"
Sign with tester(socket) for light bulbs to be sold.

The cord and socket are not old.
There is kindly a hole in the sign for the cord.

1956, established  as Toshiba's Akita factory.
1961 Separated from Toshiba by GHQ.
1972: Production of light bulbs stopped.

This is why I think it dates from 1956~1971.
It was also owned by Toshiba, which is probably why it was marked the same as the Mazda lamp.
Copyright ©antique life jin All Rights Reserved.